60代50代女性向け、一人で楽しむオススメの趣味や楽しい習い事

60代50代は新しい趣味や習い事を始めるのにちょうど良い時期だと思う。

マダム♡千壽は50代からいろんな趣味や習い事にチャレンジしてきたわ。
(60代になってもまた新しいことにチャレンジしたい。)

その中には、ハマってしまって、趣味から始めたのに…
気が付いたら、数年後に副業にしていたものもあるの。
そんなつもり全く無かったんだけど…

もちろん、そこまでハマらなくても、気軽に色んな趣味や習い事を楽んだらいいと思うの。

世の中にはどんな趣味や習い事があるか、今からアンテナを張っておきましょう。

人生一度きり!
どうせなら、可能な範囲で、何でも経験してみたい。
楽しめるかどうかも、やってみなければ分からないこともあるんだし…

50になるまでは子どもの方にお金がかかるから自分のことは後回しよね・・・
子育ての次は介護もあって、自分の趣味や習い事に、時間もお金もかける余裕がなかったわ。

その時はできないけど、将来絶対楽しむために、先に習っておいたものもあるの。

マダム千壽

それが着付けね。近所の先生に習っておいたの。

着物を趣味として楽しめる余裕ができたのは介護が終わってからね。
実際は、着付を習って5、6年後だったかしら。

だから将来のためにも60代50代からいろいろ体験しておくことをお勧めするわ。

目次

60代50代の女性にオススメの趣味や習い事

60代50代女性にオススメの趣味や習い事について、マダム♡千壽の周り人たちの意見や経験から書いておくわ。

よくあるオススメの趣味や習い事って、フラダンスやヨガなどがあると思うの…

他にも60代からの健康維持、生活の向上や知識や技術の向上などに、良いと思われるものもあるのよ。

それぞれの具体的な記事はまた別途書くわね。
よくあるものから変わり種まで、ジャンル別に紹介したいわ。

あと気軽に体験してみるなら、こういうサイトで選んでみるといいと思う。
実はマダム♡千壽もいくつか講座を受けてみたの。

日本最大級のまなびのマーケット ストリートアカデミー

何を始めようか迷っている方にはおすすめね。

豊富ないろんなジャンルの講座から選べるし、1回1,000円〜の受講料で受けられるから、まずはお試しでいろんな講座を受けてみたらいいと思うわ。
しかもリアル講座とオンライン講座が半々らしいから、自宅で手軽に体験できるのは嬉しいわね。

60代50代の女性も楽しめる文化系の趣味や習い事のオススメ

60代50代の女性も楽しめる文化系の趣味や習い事もいっぱいあるわね。

英語や外国語なども面白そうね。
ペン習字も手軽に始められそう。
習字の中でも篆書なども面白そうだわ。やっている人が少ないかな。

和文化を楽しむなら着物はその入り口にぴったり!
なので、やっぱり着付けはオススメね。

私は今ある理由で、どうせなら大手着付教室で習っておけば良かったと思っているの。

着物仲間の中にも、これから看板あげて教えたいと言っている人は結構いるのよね。

大手の着付け教室ならこちらをオススメしたいわ。

60代50代の女性も楽しめる下半身強化系の趣味や習い事のオススメ

やはり60代50代の女性にオススメしたいのは、下半身強化するための趣味や習い事かしら。
健康維持のためにもぜひ!

ヨガやフラダンス、スポーツジムもいいけれど、日舞や能もオススメよ。
動きは少ないようで、体幹が鍛えられるらしいの。

2020年以降、能楽教室の生徒は増えたと聞いているわ。

マダム♡千壽の知人には薙刀(なぎなた)を習ってる人もいるの。
面白そうよね。

マダム千壽

趣味や習い事を始めるなら公民館や文化教室などもオススメね。
安くて手軽に始められそうじゃない。

60代50代の女性も楽しめる仕事にできるかも系の趣味や習い事のオススメ

60代50代の女性も楽しめる趣味や習い事の中で、特におススメなのは稼げるもの。

マダム♡千壽の知り合いには、占い師を目指す人は結構多いわね。
(私は仕事にしたいとは思わないけれど)

何歳になってもできるし、定年もないし、年配者の方が信頼されるんですって。
だから50代で習い始めて、50代後半から60代で占い師や鑑定士を目指す人は結構いるのよ。

そんな理由でオススメなのは、占い師、鑑定士、コーチングなど…
人のお悩みや相談を聞くような資格を取って、お仕事にしたいと思う人も多いのよね。

これもまた、具体的に以下の記事で紹介しておいたわ。

マダム千壽

マダム♡千壽が興味を持っている講座もあるのよね。
今年中には勉強したいわね。

60代50代の女性も楽しめる知識高める系の趣味や習い事のオススメ

60代50代の女性も生活に役に立って、知識を高められるような趣味や習い事もオススメよ。

このサイトではマダム♡千壽の食に関する情報を載せているけれど…

食に関する知識や、健康に関する知識を高める系の学びも、趣味と実益を兼ねて習えるから楽しいと思うの。

こちらは「がくぶん」の【食育インストラクター】、「キャリアカレッジ」の【食育アドバイザー】、そして名前が似ているんだけど「ユーキャン」の【食生活アドバイザー】を比較した記事。

2020年以降いろんなジャンルの学習がオンラインでできるようになっているじゃない。

忙しい60代50代女性たちが、趣味や習い事を始めるにはオンライン講座がピッタリよね。
どこに住んでいても手軽に始められるから、これを利用しない手はないと思うの。

あと食と関係するんだけど、一時期サポート付き貸し農園で無農薬野菜作りをしていたことがあるの。

初心者さんが無農薬野菜作りを一から学べるのよ。

60代50代の女性も結構入っていたのよ。
とても楽しかったので60代50代の女性が一人で楽しめる趣味や習い事としてお勧めするわ。

読書も立派な趣味の一つ

あと、趣味とするのはどうかと思ったけれど、知識や知見を広げるためには読書が誰でもできる趣味なのよね。

いつでもどこでも隙間時間に、興味のあることや好きなことに関する知識を学べるんだもの。

入り口は読書から入って、もっと知りたくなったら習い事に進むこともできるじゃない。

60代50代の女性も楽しめる音楽系の趣味や習い事のオススメ

ところで50代や60代からの趣味や習い事として、音楽を始める方は多いらしいわ。

歌謡曲のレッスンも大手音楽教室がやっていて、結構流行っているんですって。
その教室の先生が話していたわ。

私もボイストレーニングに通って、本当に人生が変わったの!

きちんとした発声の訓練をしていると、むせたりしなくなるから健康にも良いらしいのよ。
(誤嚥を避けられるし、声も若々しくなるんですって)

あと、楽器がもらえる音楽教室もあるわ。

今はレッスンの形態も様々なので、どこに住んでいても習えるのよね。

こちらも60代50代の女性も楽しめる文化系の趣味や習い事としてお勧めよ。

ピアノ教室の記事もそのうち紹介するわね。

大人のピアノ初心者さんが、通信で習える教材があるのよ。それがこちらね。

60代50代の女性も気軽に楽しめる単発参加!趣味や習い事のオススメ

色んな教室の体験会に参加するのも面白そうだけど…

一人で参加して楽しめるバス旅行や一人旅行も、これからの趣味としてオススメね。

マダム♡千壽も何年も前だけど、一人向けの旅行に参加して楽しかったもの。
一人旅もツアーだと気軽に参加できるわよ。
他にも一人で参加している人もいるし、一期一会で良い思い出になるわよ。

その時参加したクラブツーリズムのこともまた具体的に紹介したいわね。
クラブツーリズム テーマ旅行

マダム千壽

北海道のある体験ツアーに参加したのよね。

60代50代の女性もキャリアを活かして起業するなら…のオススメ

あと、60代50代女性向けの習い事や趣味も良いのだけど、もっとチャレンジしてみたい方にはこちらがいいかも。

本気で起業の準備をしたいという方に!
お勧めしたい情報もあるので、こちらで紹介しておくわね。

定年の先は起業しようと準備をする方は、男女関係なく多いのよね。

マダム♡千壽が講師業をしていた時は、起業塾なんて無かったのよね。

今は、何かやりたいことはないけど定年後に起業したいから、起業塾に行って準備するそうよ。
それが驚くほど高額だったりするから、大丈夫かしらと思うわけ。

まあ、やりたいことが決まってから起業塾に行くのはいいの。
でも、実践しなければ得られるものがないと思うの。

マダム千壽

そういう意味では実践型の起業塾がおすすめね。
そして良心的な価格のスクールね。

マダム千壽の略歴

某上場企業にて20年間顧客対応、その後某上場企業の契約社員として、顧客対応・企画・等の仕事をする。
10年前から個人事業・カルチャー講師等を経験、一応成功するも乱立する協会ビジネスの在り方に疑問を持つ。
個人事業を餌食にするコンサルやビジネスも急増、また人の成功を妬む個人事業主、自分の成功のために他人を平気で利用する個人事業主の実態に嫌気がさし、その世界を離れる。

また業界にはネットワークビジネスやスピリチュアルも多いが、結局お金儲け主義が背景にあり、様々な情報や実態を知り、この世界とも距離を置く。

現在は事務員をしながら、着物を楽しんだり、和文化への興味を深めています。
60代女性ひとり時間を楽しめるのも、50代をどう過ごし準備してきたかが大切だと実感する今日この頃。

子育て・介護を終え怒涛の人生の後半をマイペースでねこねこと生きているマダム千壽です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次